ESC2019に参加しました

・杉原医師は8月31日-9月4日 ESC(ヨーロッパ心臓病学会)2019に参加し、「Subcutaneous Delivery of NPA7, First-In-Class Novel Bispecific Designer Peptide: Enhances Cardiorenal Function and Suppresses Renin and Aldosterone In Vivo and In Vitro」の演題で発表を行いました。
・心疾患の患者数は急増しており、若年者に対する高血圧や肥満、脂質異常症などの生活習慣病の予防教育が世界的な大きなテーマとなっているのを感じました。

ESC2019.2.jpg

2019.10.02 10:30