• ホーム
  • 大学におけるにおける不織布マスク着用の推奨

大学におけるにおける不織布マスク着用の推奨

後期の授業開始に伴い、感染防止対策のさらなる徹底が必要となります。
近年の報告でマスクの素材により感染防止効果に違いがあることが指摘されています(資料 1、2)。
不織布マスクは、最も感染防止効果が高いとされています。
一方、安価で繰り返し使用できるウレタンマスクの着用は、不十分な感染防止効果のため、かえって大学内で感染流行を拡大させることが懸念されます。

以上のことから、大学における感染防止を徹底し、ひいては社会全体の COVID-19流行を収束に向けるために、学生の皆さんはウレタンマスクではなく不織布マスクの着用しましょう。
(2021年9月14日公益社団法人全国大学保健管理協会、一般社団法人国立大学保健管理施設協議からの提言 一部改変)

masuku9.30.png

masuku9.30.2.png

2021.09.30 17:16