• ホーム
  • 新型コロナウイルスワクチン接種後の注意事項、相談窓口

新型コロナウイルスワクチン接種後の注意事項、相談窓口

●副反応
武田/モデルナ社新型コロナウイルスワクチンは,接種後に軽度から中程度の注射部位の痛み(92.0%), 腫れ(14.8%), 疲労(70.0%),頭痛(64.6%),筋肉痛(61.5%),寒気(45.5%),関節痛(46.3%),悪心・嘔吐(22.8%),リンパ節症(19.8%),及び発熱(15.7%)等があることが報告されています。重篤なものには, まれですが, アナフィラキシー(全身性の重度のアレルギー 反応)等があります。
厚生労働省 新型コロナワクチンの副反応疑い報告について 
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_hukuhannou-utagai-houkoku.html

●相談窓口
・ワクチンによる発熱、接種部位の疼痛、頭痛、筋肉痛などは接種後1~2日以内に起こることが多く、必要な場合は解熱鎮痛剤(カロナール等)を服用して様子をみてください。
ワクチンを受けた後、2日間以上熱が続く場合や、症状が重い場合、発熱に咳や咽頭痛、味覚・嗅覚の消失や息切れが随伴する場合には、医療機関等への受診や相談をご検討ください。以下の相談窓口もご活用ください。

【日中】
松江市健康相談コールセンター (8:30-21:00,📞0852-33-7638)
https://www.pref.shimane.lg.jp/bousai_info/yakuji/kansensyo/coronavaccine/vaccine-callcenter.html
または
島根大学保健管理センター(8:30-18:00, 📞0852-32-6568)


【夜間休日】
松江記念病院・松江生協病院の救急外来, 救急診療室を受診ください。

kyuukann11.pngkyuukann2.png

ワクチン接種に関連する体調不良で医療機関を受診した際は必ず受診後できるだけ早く、保健管理センターまで御報告ください。


●予防接種健康被害救済制度
・健康被害が予防接種によるものであると厚生労働大臣が認定したときは, 予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられ, 新型コロナワクチンの接種についても, 同様の救済を受けることができます。
詳しくは厚生労働省の新型コロナワクチンQ&Aをご覧ください。https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0003.html
・ご相談は, 新型コロナワクチンコールセンター: 0120-761770(9:00-21:00,フリーダイヤル)にお問い合わせください。
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/kenkouhigai_kyusai/

PDF:sochi.pdf

 

2021.06.26 20:58